リンゴ追分 for トロンボーン&ピアノ 楽譜販売中です

 奇しくも僕と同じ誕生日の(勿論、遥かに私は若輩です)美空ひばりさんの超有名曲である。

 学生時代に、この曲を「トロンボーンとピアノのために編曲してくれないか」と、ピアニストでありプロデューサーでもある岡田照幸氏より依頼をいただいたのだ。

 岡田氏のプロデュースする若手演奏家のためのコンサートに、弘前を中心に活躍しているトロンボーン奏者・築舘恒氏を招聘し、岡田氏が伴奏してこの曲を演奏したいとのことであった。

 なにしろもう四半世紀も前のことである。僕の記憶では2〜3日で編曲はでき上がったと思う。当時僕は弘前大学教育学部の小学校教員養成課程に在学中で、副専攻として音楽科の作曲ゼミに所属していた。その助教授(当時)・島一夫先生よりお褒めの言葉をいただき、岡田氏にも気に入ってもらった。もちろん、築舘氏も大変気に入ってくれた。

 築舘氏はその後も、彼の出演するコンサートでは度々この曲を演奏してくれた。そして、彼のトロンボーン仲間に紹介してくれて、密かに楽譜が流通していたのだった。後に弘前大学教育学研究科の教授として赴任されたトロンボーン奏者・和田美亀雄先生にも絶賛をいただき、弘前大学50周年記念会館「みちのくホール」の改修お披露目のコンサートでは、同教授のピアニスト・浅野清先生の伴奏により演奏された。

 編曲当時から、僕の師匠には出版を奨められていたのだが、版権をどうクリアして良いのか分からず(今のようにインターネットも普及していなかったので、調べるには大変な労力を要した)、ずっと譜面データだけをなくさないように(築舘氏! ありがとう!)Macintoshの中に保存していた。

 その後も、ソロ楽器をサクソフォーンや尺八などに置き換えて演奏されたり、また僕自身の再編曲で、アンサンブルにしたりと様々な機会で演奏してきた。

 時は流れて2011年夏。twitterを通じて、『ASKS Winds』~吹奏人のための吹奏楽情報サイト~を知り出版を打診。すると社長さんが僕と同姓同名(! これまた奇しくも! 漢字は違ったが)ということもあってか、あっという間に話がまとまり、版権についても調査してくださり、その年の冬、晴れて出版となった。

 実際に演奏された音は、YouTubeに置いてある。これは、弘前南高校のイベントである「北でみなみのコンサート」で演奏されたもの。トロンボーンは築舘恒さん、ピアノ伴奏は美濃又たまきさん。次のリンクでお聴きいただきたい。なお、音質はあえて落としてある。
           リンゴ追分 for Trb&Pf